福岡県理学療法士会について

About

支部局branch

支部局長

岩佐 聖彦

支部局長

岩佐 聖彦

公益法人福岡県理学療法士会は3支部8地区(北九州支部:北九州1地区・北九州2地区・筑豊地区、福岡支部:福岡1地区・福岡2地区・福岡東地区、筑後支部:筑後1地区・筑後2地区)により構成され、各支部担当理事・各地区部長・運営委員の方々が中心となり学術活動・啓発活動などを実施しております。

公益法人として"公"な活動により、地域ケア会議をはじめ多くの要請が来るようになりました。これも会員の皆様の協力のおかげと考えております。

今後も我々公益社団法人福岡県理学療法士会は職域を守り、拡大していくため、保健・医療・福祉分野における社会貢献活動を行い"まちの元気"をささえることができる専門職であることをアピールしていなかなればなりません。それには会員の皆様のご理解・ご協力は不可欠です。まとまった県士会活動を目指していきたいと思いますので、ご支援ご協力宜しくお願い申し上げます。

北九州支部

北九州支部担当理事

山内 康太

北九州支部は北九州1地区、北九州2地区、筑豊地区の3地区より構成され、それぞれが地域の特性を把握した上で住民の皆様の健康に還元できる活動を行っております。

また、 会員の知識・技術の向上を図るために学術研修会の企画・運営も行っております。

今後は、事業内容の見直しと同時に、各地区間の人材,知識・技術の交流および共有を図り支部・地区の活動をさらに発展させてまいります。そのためにも地域・会員の皆様の参画をお願いするとともに、ご意見・ご要望をお聞かせ頂ければ幸いです。

福岡支部

福岡支部担当理事

遠藤 正英

福岡支部は福岡県で施設数、会員数が最も多い支部です。人口も非常に多く理学療法士が活躍できる場面は多くあると思います。

また、事務所も福岡市に移転したということもあり、より一層福岡支部での取り組みの必要性は大きくなっていくと思います。

福岡支部で働いている会員の皆さま、住民の皆さまが理学療法を通じて一体になれるように研修会、懇親会、啓蒙活動など積極的に行なっていきます。

筑後支部

筑後支部担当理事

福田 輝和

筑後支部は久留米・朝倉などの筑後1地区と八女・柳川・大牟田などの筑後2地区の二つに分かれています。

縦長く広い筑後支部ですが、支部設立時から「参加」をモットーに1・2地区ともに運営委員全員で県士会活動を頑張っています。今後も筑後会員皆様から御意見、御支援をいただきながら全員でやっていければと思っています。

地域包括ケア・チームアプローチなど連携が重要となっているこの時代。まずは理学療法士同士が顔の見える関係づくりが大切なのではないでしょうか。御協力のほど宜しくお願い致します。