福岡県理学療法士会について

About

学術局science

学術局長

廣滋 恵一

学術局長

廣滋 恵一

今年度より、学術局は学会部、学術誌編纂部、学術研修部、教育研修部の4部門体制となり、会員の研究力・臨床力・教育力の向上を支援する体制が強化されました。

学会部では、演題数ならびに参加者数の増加を目標にしつつ、エビデンス構築につながる研究発表には更なる研鑽に期待して優秀賞や奨励賞を表彰しています。

学術研修部と教育研修部では、臨床実践力・臨床教育力等の向上につながる研修会を企画開催するとともに、日本理学療法士協会の生涯学習システム(新人教育プログラムや専門・認定理学療法士制度)や他団体からの要請に対応できるよう社会局との連携を図っていきます。

以上のような学会・研修会の情報は、学術誌編纂部が中心となって学術誌「理学療法福岡」を発行し、情報発信いたします。

研究力・臨床力・教育力それぞれの力の強化を目指して、4部門の統括は勿論のこと、参加者に有益な研修会となるよう引き続き支部との連携も図って参ります。また、学術局では卒前卒後教育検討委員会および研究助成審議会の2つの委員会を管轄いたします。臨床実習の課題検討や活発な研究活動の支援も重要な事業として位置づけています。

最後になりましたが、県民の健康福祉に応える会員諸氏のために、魅力ある県士会、魅力ある学術組織と認識いただけるよう尽力する所存です。新体制に対するご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

学会部

学会部担当理事

音地 亮

学会部は、年に1度開催される「福岡県理学療法士学会」における企画・運営を担当しています。

本学会では、演題発表(ポスター発表・口述発表)と講演(特別講演・教育講演)を予定しております。

演題発表は、会員の皆さんの日頃の業務の成果を発揮する場であり、活発なディスカッションが行われています。講演では、最新のトピックスを知る機会となるように、各分野の第一人者の講師を全国からお招きしてお話頂いてます。

会員の方に積極的に参加して頂けるよう、魅力ある学会を企画していけたらと思います。よろしくお願い致します。

学術誌編纂部

学術誌編纂部担当理事

佐藤 憲明

学術誌編纂部は「理学療法福岡」の編纂と投稿論文や学会抄録の査読を担当致します。近年、投稿論文は質、量ともにレベルアップしてきていますので、それに対応するべく今年度より新設されました。当部では「研究論文(原著)」「症例研究」「短報」「その他:システマティックレビュー、症例報告、調査報告」を常時募集しています。投稿規定も新たに規定し、理学療法福岡 第30号から記載していますので、そちらをご確認の上、奮って投稿して頂きたいと思います。今後は論文だけでなく、様々な有益な情報を掲載することを企画していく所存です。会員の皆様にとってより充実した内容の学術誌をお届けできるよう部員一丸となって尽力していきます。

学術研修部・教育部

学術研修部・教育部担当理事

宇戸 友樹

学術研修部は、「福岡県理学療法士学術研修大会」「理学療法士講習会(応用編)」「内部障害に対する理学療法研修会」「臨床実習指導者研修会」の企画・運営を行います。

社会の要望や会員のニーズ、地域性に応じた研修会を実施できるよう取り組みます。また、理学療法の各領域で、日本理学療法士学会・分科学会から示される内容なども含め、会員の皆様へ情報提供ができる環境整備を行っていきます。

また、学術教育部は、「新人研修会」「理学療法士講習会(基本編)」「新人教育プログラム受講の環境整備」の企画・運営を行います。新人教育の受講が行いやすい環境整備と日本理学療法士協会より示される生涯学習に関する情報提供を行い、また、卒前卒後教育に関して一貫した教育プログラムの構築を目指し取り組みます。

皆様からの多くの要望とご意見をお待ちしております。