福岡県理学療法士会について

About

学術局science

学術局長

宇戸友樹の画像

学術局長

宇戸 友樹

学術局は学会部、学術誌編纂部、学術研修部、教育研修部の4部門体制にて、会員の研究力・臨床能力(技能・技術)・教育力の向上を支援する体制となっています。

学会部では、演題数ならびに参加者数の増加を目標にし、特別講演やシンポジウム開催により学べる環境と、活発な意見交換のできる場を提供し、また、エビデンス構築につながる研究発表には更なる研鑽に期待して優秀賞や奨励賞を贈り表彰しています。

学術研修部では、学術研修大会、また専門理学療法研修会や理学療法士講習会を企画・開催し、学術研鑽の場を提供すると共に、管理者研修会を各支部・地区にて開催し、福岡県会員のネットワーク構築を行っています。

教育研修部では、臨床実践力・臨床教育力等の向上につながる研修会を企画・開催するとともに、日本理学療法士協会の生涯学習システムや専門・認定理学療法士制度を会員に受講しやすい環境を整えています。

以上のような学会・研修会の情報は、学術誌編纂部が中心となって学術誌「理学療法福岡」を発行し、情報発信いたします。

研究力・臨床能力・教育力それぞれの力の強化を目指して、4部門が協力して、会員の方々に有益な研修会となるよう努めていきます。また、支部との連携も図り、地域性も考えた取組みができるよう活動いたします。また、学術局では卒前卒後教育検討委員会および研究助成審議会の2つの委員会を管轄しており、臨床実習指導者福岡県講習会の企画を行っていくとともに、卒前から卒後教育の継続教育について活動を行い、生涯学習へと繋げる取り組みを行います。また、研究活動の会員支援も重要な事業として位置づけて活動を行います。

日本理学療法士協会の示すグランドデザインに沿って方向性を示しながら、福岡県民の医療・介護・福祉分野で活躍される会員の学術研鑽を協力・支援できる魅力ある県士会、魅力ある学術組織と認識いただけるよう努めます。新体制に対するご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

学会部

学会部担当理事

吉田 純一

学会部は、年に1度開催される「福岡県理学療法士学会」における企画・運営を担当しております。

本学会では、演題発表(ポスター発表・口述発表)と講演(特別講演・シンポジウム)を予定しております。

演題発表は、会員の皆さんの日頃の業務の成果を発揮する場であり、活発なディスカッションが行われています。

講演では、最新のトピックスを知る機会となるように、各分野の第一人者の講師を全国からお招きしてお話頂いてます。

会員の方に積極的に参加して頂けるよう、魅力ある学会を企画していけたらと思います。よろしくお願い致します。

学術誌編纂部

学術誌編纂部担当理事

佐藤 憲明

学術誌編纂部は年1回発刊している「理学療法福岡」の編纂や投稿論文の査読を担当致します。また特集ページや新設した教育講座では臨床や研究に役立つ情報を会員の皆さまにお届けしています。

当部では「研究論文(原著)」「短報」「症例報告」などを常時募集しています。ホームページ上に投稿規定や論文書式の参考例を掲載していますので投稿前にご確認下さい。

今後も会員の皆様にとってより充実した内容の理学療法福岡をお届けできるよう部員一丸となって尽力していきます。

学術研修部

学術研修部担当理事

久保田 勝徳

学術研修部は、「福岡県理学療法士学術研修大会」「理学療法士講習会(応用編)」「専門理学療法研修会」「臨床実習指導者研修会」の企画・運営と、日本理学療法士協会が主催する「協会指定研修」「認定必須研修会」の運営を担当しています。

日本理学療法士協会や分科学会から示される指針を念頭に、最近のトピックスや社会・会員のニーズも含めた研修会の企画を行い、会員皆様の理学療法に関する技術スキル・認知スキルのアップが図れるような魅力ある研修会の運営に努めて参ります。

教育部

教育部担当理事

山口 寿

教育研修部は、「新人研修会」「理学療法士講習会(基本編)」「新人教育プログラム受講の環境整備」、「臨床実習指導者講習会」の企画・運営を行います。新人教育の受講が行いやすい環境整備と日本理学療法士協会より示される生涯学習に関する情報提供を行い、また、卒前卒後教育に関して一貫した教育プログラムの構築を目指し取り組みます。