地域のみなさまへ

General information

理学療法士とはPhysical therapist

たとえば 1、サッカーで骨折 2、おじいちゃんが病気で倒れた 救急病院で検査・処置 リハビリスタッフで機能をチェック 理学療法スタート 1、元気になってスポーツを再開・2、リハビリを続けて歩けるように 理学療法士はこんなところで活躍しています 生活習慣病、お年寄りの病気、脳血管障害、子供の病気、整形疾患、その他の病気など このような障がいを持った方々と、その家族とともにがんばっています

リハビリテーションとは?

リハビリテーションとは、『再び、良い状態を取りもどす』という言葉の意味があり、人間が人間らしく生活できる社会を目指す共通理念を示しています。先天的に心身に障害のある人や、病気や事故により何らかの障害を持った人に対し、身体的・社会的・職業的・教育的など、あらゆる方向から援助し、社会復帰を目指すものです。

このリハビリテーションには、様々な職種の人々が関わっています。その中でも医学的リハビリテーションの分野で身体的機能や運動機能の回復を重視してアプローチしていくのが理学療法士 (Physical Therapist, PT) です。

理学療法とは?

理学療法とは、病気・ケガ・寝たきりなどによって身体が不自由になった人々に対し、身体と心の両面から機能回復・維持を図る医療の一つです。

実際には、各個人の状態を調べて全体像(身体機能・心理面・リスクなど)をつかみ、適切な治療方法・目標を設定後、治療を進めていく医療です。

こうした理学療法は専門の理学療法士によって、病院を中心に地域や介護する家族への指導(住宅改造への助言・デイケア・訪問リハなど)、最近では予防医学に対しての助言など幅広い範囲で行われています。

具体的な業務は?

運動自体を治療手段として用いる『運動療法』、熱や力など機械的刺激を用いる『物理療法』、歩行練習や立ち上がりなど日常の基本的な動作を練習する『日常生活活動練習』などの手段を用いてアプローチしていきます。

現在は医療機関(病院・診療所)で働いている理学療法士が多く、脳卒中の後遺症、骨折や脱臼、変形性関節症、切断、脊髄損傷、リウマチ、呼吸器疾患、心筋梗塞、など様々な病気・ケガに苦しんでいる方の早い社会復帰を目指し、少しでも質の高い生活がおくれるように援助しています。

また、理学療法士は医療機関だけでなく、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、養護学校、市役所、保健福祉事務所などの福祉・行政機関、そしてスポーツ分野など、様々な領域で活動しています。